ページトップ
HOME >  婦人科外来

婦人科外来

妊娠以外の女性特有の病気などを治療する科です。
性感染症治療、ガン健診、月経不順、更年期障害、ピルなどの避妊相談、閉経後のホルモン補充(HRT)相談も行っています。

子宮ガン・乳がん健診

ガン健診は、理想的には6ヶ月に1度ですが、最低1年に1度は健診を受けることが望ましいでしょう。
婦人科のガンは若い年齢(10代)から発症しますが、早期発見さえできれば治るものです。
不正出血や子宮が大きい時は、子宮体部ガンの検査も希望しましょう。また、その時は同時に卵巣の健診も受けられます。

性行為感染症(STD)

クラミジアや淋病、梅毒など、性病と呼ばれよく耳にする病名はたくさんありますが、婦人科における感染症は子宮付属器炎(卵管炎、骨盤腹膜炎)子宮内膜炎、子宮頚管炎、膣炎があげられます。

性行為感染症は、男性よりも女性の感染率がはるかに高いだけでなく、不妊などの永久的な影響を受けやすいのも事実です。
下腹が痛い、おりものの量や臭いがいつもと違うと感じられる場合は、感染をはじめ炎症などの異常が起こっているという可能性があり、婦人科で診察を受けることを勧めます。

また、クラミジアや淋病などの性行為感染症は、女性では全く症状が無い事が多いのです。症状がなくても性行為感染症の可能性がある時は、検査が必要です。
性病についてはどうしても恥ずかしがる気持が先に立ち、診療をためらいがちです。しかし、治療が遅れると、腹膜炎をおこしたり、二次的に不妊症や子宮外妊娠の原因、要因になることがあります。放置せず、パートナーも同時に検査し、早急に治療することが大切です。
当院は、徹底したプライバシーへの配慮と、きめ細かな対応で、患者さんの受診しやすい環境をご提供しますので、お気軽にご相談ください。

更年期障害

更年期(人生の成熟期と老齢期の間の時期=45歳~55歳)には種々の不安定状態が出現しやすくなっており、この時期に女性ホルモンの変動が原因で、熱感(ほてり、のぼせ)、発汗、不眠、頭痛など、不定愁訴を感じる状態を更年期障害といいます。
症状や程度にはかなりの個人差がありますが、女性ホルモンが低下すると女性の象徴である卵巣の働きの低下により女性ホルモンの分泌がなくなり、高脂血症・骨粗しょう症・痴保症・尿失禁・性交障害など多彩な症状を呈します。
適切な治療をすることで、今後の長い人生を快適に明るく楽しく過ごすことができます。ホルモン補充療法等、その治療法は色々ありますので個人に適合した方法を取っています。

思春期外来

思春期の女の子の体の変調について診ます。
生理痛・生理不順・不正出欠などご相談ください。

診察・面会時間について

月・火・水・金曜日 /
午前:8:45~11:30
午後:14:00~18:00
木・土曜日 /
午前:8:45~11:30
面会時間 /
9:00~20:00
休診日 /
日・祝祭日

不妊治療で初めて当院へ来院される際は、予約が必要です。

※ 救急・分娩はこの限りではありません。
  不妊症外来も、治療の内容によって時間外も行います。

施術時間 完全予約制

月・火・水・金曜日 /
9:00~11:30
13:00~16:00
木・土曜日 /
9:00~11:30

ご予約のご連絡は、診療時間内にお願いいたします。当日のご予約も可能です。

お問い合わせ

不妊症外来へ来院する場合は、基礎体温表をご持参ください。
他院での治療経験のある方は、紹介状もしくは治療歴メモ・検査結果等がございましたらご持参下さい。